ご当地グルメ

【山科の隠れ家カフェ】ロマンの森で味わう、至福のひととき

すっかり京都土産の定番となった、お濃茶ラングドシャ「茶の菓」。その茶の菓を販売するマールブランシュが、2020年10月2日新店舗「ロマンの森」をオープンしました。

マールブランシュの定番商品をはじめ、クロワッサンやチーズケーキなど、ここでしか買えない限定商品も盛りだくさんのロマンの森に行ってきました。

ロマンの森はどこにある?

ロマンの森があるのは京都市山科区。マールブランシュを経営する株式会社ロマンライフ創業の地に建てられたのだとか。

京都の中心部から山1つ越えた場所ではありますが、地下鉄で行くこともできます。京都市営地下鉄「東野駅」から、歩いて15分弱で到着します。

名神高速道路 京都東インターから近く、車なら京都市内からだけでなく名古屋や大阪などからも行きやすい場所です。

国道一号線沿いの、茶の菓をモチーフにした看板が目印です。

子ども連れも楽しめるロマンの森

ロマンの森は、工房・カフェ・ショップが一体となった施設。このためカフェの奥では、お菓子作りの様子を見ることができます。

工房とを仕切るガラスのすぐ前にも席があり、見学しながらお茶することもできますよ。次々にクロワッサンが焼き上がっていく様子は、子どもだけでなく大人もわくわくします。

カフェスペースには大きな絵本の棚があります。お子さまと一緒にゆったり過ごしたり、童心に返ってお気に入りの絵本を探してみるのもいいですね。

屋外にはテラス席もあります。天気がいい日はここでのんびりスイーツを楽しむのも気持ちよさそうです。

カフェでは焼きたてのクロワッサンが人気

クロワッサンは、工房で焼きあがったものがすぐに並べられます。

「クロワッサン プレーン」「モンブランバタークロワッサン」、平日限定の「カシュカシュチーズ」。大人気につき購入できるのはこの3種類の中から、1人あたりあわせて2個まで。

混雑時は焼きあがったタイミングで整理券が配られ、整理券がないと購入できないそうです。この日は運良く空いていたため、整理券なしでも注文することができました。

人気商品「モンブランバタークロワッサン」は、ラム酒が香るマロンクリームと薄切りバターをサクサクのクロワッサンでサンド。見た目からしても間違いのないおいしさ、そしてカロリーのことは今だけは忘れて味わうことにします。

しかし一口食べれば、マロンクリームは甘すぎない上バターの塩気と相性抜群!  飽きずにペロリと食べられてしまう罪深い味です。

ランチで利用するなら、オニオングラタンスープがおすすめです。たっぷりの玉ねぎがとろっとろになるまで煮込まれていて、飲むスープというよりはスプーンですくって食べるしっかりとしたスープです。

玉ねぎの甘さとグリュイエールチーズのコクで満足感のある1杯。トッピングのミニクロワッサンが良いアクセントになっています。

カフェでは、クロワッサンのほかにケーキもいただけます。

ショーケースに並ぶのは、チーズケーキや苺のショートケーキ、モンブランなど「The 定番」ともいうべきケーキたち。ロマンの森限定のケーキが並ぶこともあるのでこちらも要チェックです。性別や年齢を問わず、誰からも愛されるケーキは手土産にも良さそうです。

ロマンの森限定商品もたくさん並ぶショップ

ショップではマールブランシュの定番商品のほか、チョコレート専門ブランド「加加阿(カカオ)365」のスイーツ、鶏料理「侘家古暦堂」の調味料、さらにはトートバッグや文房具、水筒などの雑貨も購入することができます。

創業の地に建てられただけあって、まさにロマンライフの集大成です。

買って帰るなら、ここでしか買えないものを。

そう思い購入したのが「ロマンくんのバターカステラ」。ロマンの森のキャラクター「ロマンくん」をあしらったパッケージと、常温で持ち歩けて10日ほど日持ちするのが高ポイントです。

パッケージから取り出すと、発酵バターとの卵の濃厚な香りが広がります。カステラというよりもマドレーヌに近く、子どもからお年寄りまでみんなが大好きな味。

電子レンジでほんのり温めるとふわふわ食感になり、バターの香りも立ってさらにおいしくいただくことができました。

定番焼き菓子の中にも、「ロマンくん」がデザインされた商品もあります。

人気の茶の菓は、パッケージだけでなく焼き印もロマンくんになっていてかわいいですよ。

期間限定の「佇古の菓(チョコのか)」とともに3枚入りから購入できるので、お土産やプチギフトにもちょうどいいサイズです。

マールブランシュの商品をよりおいしく味わうには?

マールブランシュの商品には、このような「口どけのチャート図」が付いてきます。

まずは自分なりにひと口味わったら、次にチャートを見ながら味わうのがおすすめです。

バターカステラでいえば、「口に入れた瞬間にふわっと感じる卵の香り→しっとり食感と優しい甘さ、そして口に広がる発酵バターの香り→カステラの余韻を感じつつ後味はスッキリ」というように味が変化していきます。

作り手が求めた味を意識することで、自分では気づかなかった味や香りも感じられ、より深く味わうことができます。

クロワッサンや、ベーシックなケーキ、バラエティー豊富な焼き菓子などが一堂に会するロマンの森。マールブランシュのお菓子が好きな人にとってはたまらない場所です。

ここでしか買えない商品もたくさんあるので、定番の京都土産に飽きたという方も立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

ロマンの森|京都 北山 マールブランシュ

営業時間:9:00 – 18:00(L.O.17:30)

駐車場:専用駐車場 50台

定休日: なし

お濃茶ラングドシャ 茶の菓16枚入抹茶 ラングドシャ マールブランシュ

価格:2,400円
(2021/3/8 15:18時点)
感想(6件)

お濃茶フォンダンショコラ 生茶の菓9コ入 マールブランシュ

価格:2,250円
(2021/3/8 15:20時点)
感想(8件)

ABOUT ME
旅する食卓編集部
旅する食卓編集部